カラダを動かし汗を流す

自転車で有酸素運動をしながら気軽に副業!【Uber Eats(ウーバーイーツ)】

最近はスマホやインターネットを上手く利用するサービスが話題となっています。そのひとつが【Uber Eats(ウーバーイーツ)】です。

Uber と言えば、一般個人がドライバー(運転者)として登録し、利用者が呼んで目的地まで連れて行ってもらえる「タクシー代行マッチングサービス」が話題となっています。ドライバーも利用者もスマホがあれば OK というのが非常に画期的で面白いです。

Uber Eats はその料理配達版です。Uber Eats は配達ドライバーとして登録して料理を配達すれば、その報酬としてお金をもらうことができます。

アラフォーの副業 Uber Eats のメリットは、その手軽さと配達中の運動で健康維持・筋力増強へつながることです。配達中は自転車のペダルを回して常に運動している状況なので、そこそこ負荷の高い有酸素運動になります。

副業としての【Uber Eats】の特徴

副業として考えたときの【Uber Eats】の仕事内容・作業時間・作業場所・収入額を解説します。

仕事内容

Uber Eats に登録すると、料理デリバリー用の専用バッグを受け取ることができます。スマホでアプリをオンラインにしておくと配達依頼が届きますので、依頼を受けたお店に自転車で向かいます。

お店で料理を受け取ったら専用バッグに入れ、お客さんに届けたら1回の配達が完了です。仕事内容自体はそれほど難しいものではありません。ある程度やり方に慣れて、地理にも詳しくなると楽しく続けることができます。

配達は自転車か原付を登録時に選択します。ここは、断然自転車がオススメです。慣れるまで最初は体力的にキツイかもしれませんが、自分のペースでペダルを漕げば非常に効率の良い有酸素運動になり体力増強につながります。

作業時間

作業時間(仕事時間)は自分のスマホでアプリをオンラインにして依頼が来るというシステムのため、自分自身でコントロールできます。スキマ時間で実施できるので、副業には非常に向いています。

ただし、配達依頼の需要が多い時間というのがあります。平日・土日もランチタイムとディナータイムです。できる限りこの時間帯で稼働ができるよう、自分が働きたい時間と上手く合わせて取り組んでいきましょう。

作業場所

Uber Eats の 2018年6月時点の配達サービスエリアは、東京23区・横浜・川崎・大阪の一部となっています。Uber Eats 配達パートナーサイトの「都市ごとの情報」セクションから各エリアの詳細と地図の最新情報を確認できます。

自宅から近いエリアを選んでも良いですし、配達リクエストが多い人気エリア(渋谷、六本木、新宿など)を選んでも良いです。土地勘(エリア地図の理解)があるに越したことはありませんが、Googleマップがあれば何とかなります。「ここで働いてみたい!」というエリアを自分の作業エリアにしちゃいましょう!

収入額/年収

Uber Eats は、1回の配達ごとに収入額が決まります。そして、その配達収入額は「エリア・配達時間・配達の距離」で決まります。ですので、「1配達いくら」と定額で決まっているわけではありません。およそ平均すると1配達600円ぐらいです。

また、Uber Eats はなんと週払いなんです! これは素晴らしい! スキマ時間に稼働して、その翌週にはすぐ支払われる。このお手軽さは他の副業にはないグッドポイントです!

「ブースト」と「インセンティブ」を上手く使う

「ブースト」とは、注文の多い時間帯に配達料金が値上がりする報酬システムです。主にランチタイムとディナータイムにブーストタイムとなります。報酬は倍率となり 1.x倍〜2.x倍でその日の混雑状況やエリアによって変わります。基本的に平日より土日の方がブースト率が高くなります。

もうひとつ、「インセンティブ」という報酬があり、基本報酬とブースト報酬に追加で支払われます。インセンティブは前日までにメールで通知が来て「時間内に10回配達するとプラス1,000円」といった配達回数にもとづく報酬です。

ブーストタイムとインセンティブが同時で両方つくときもあります。土日のランチタイムやディナータイムがそのような状況になる傾向がありますので、効率よくブーストタイムとインセンティブを得ることができる時間帯で配達ができるよう準備と稼働時間を調整して参加するようにしましょう。

およその年収は?

稼働時間やエリア・インセンティブなどの報酬にも左右されますが、1回の配達が600円、平日は5日間で10配達・土日は2日間で20配達をすると1週間で30配達=1万8千円となり、1ヶ月約7万2千円です。12ヶ月の1年間で86万4千円になります! かなりの金額になりますね!!

Uber Eats は熟練度が増すと配達エリアやお店・インセンティブが出やすい時間帯などを把握できて効率よく働くことができるようになりますから、年収100万円も夢ではありませんね!

副業【Uber Eats】を始めるための準備

副業として【Uber Eats】の配達ドライバーを始めるための準備や条件についてご紹介します。

自転車(オススメはクロスバイク)を準備する

Uber Eats の配達には自転車か原付(125cc以下)を使用することができます。ここはアラフォーであれば、体力向上・筋力増強を目指して自転車を選びましょう。

既に持っている自転車であればそれで始めても問題ありませんが、街中を颯爽と軽快に走るにはクロスバイクを強くオススメします。わたしも1台クロスバイクを持っていますが、街乗りではスピードもそこそこ出ますしストップ&ゴーも快適で非常にオススメです。ママチャリではスピードが遅いですし、ドロップハンドルのロードバイクではストップ&ゴーが鈍く初心者にはオススメしません。

クロスバイクはスポーツバイクの入門として、少し大きめの自転車屋さんであれば売っています。カラダにフィットするクロスバイクのサイズとセッティングがありますので、初めて買う方は必ず自転車屋さんで購入し、カラダに合うサイズを買ってフィッティング/セッティングまでしてもらいましょう。安くても5万ぐらいしますので少々高めの出費ですが、非常に快適な自転車ですので日々の足としても十分使えます。

クロスバイクのメーカーやデザインは様々なものがありますが、5万円前後であれば性能の違いに大差はないので、自分の好みの見た目(フォルムとカラーリング)で決めて問題ありません。見た目が気に入ったクロスバイクは見ていても乗っていても楽しくなります。

既に持っている自転車でも、しばらく乗っていない自転車を利用する場合は、念のため専門店で簡単な点検・メンテナンスを受けることをオススメします。運転中に故障したりパンクすると、お店やお客様に迷惑がかかってしまいますから、そのようなことが極力ないようきちんとメンテナンスしてもらいましょう。

自転車へのスマホマウントキット

スマホと Uber Driver – ドライバー用アプリ(iPhone用) が必要ですが、これを準備できない方はいないと思いますので割愛します。持っていて便利なのは、スマホを自転車のハンドルバーへ固定するマウントキットやホルダーです。

スマホを片手で操作しながら運転するのは危険なので絶対にやめましょう。かと言って、迷ったらいちいち止まってポケットからスマホを取り出すのもメンドくさいです。ここでマウントキットを使います。ハンドルに固定するので地図を見ながら快適に運転できます。わたしも使っていますが、一度使うと便利すぎて外して運転するのが不安になるぐらいです。

お手軽なところでは、以下のようなシリコン製のホルダーがどんなものにもピッタリ装着できるので便利です。

ただし、シリコン製は引っ張りすぎると切れたり劣化が気になります。本格的に使用したいときは、「QUAD LOCK 製品」が断然オススメです。バーにしっかりと固定し、着脱も回すだけなので簡単です。

ウェブサイトから Uber へ登録する

Uber Eats の配達をするには、配達パートナーとして登録する必要があります。登録には以下のステップが必要です。

Uber Eats 配達パートナー登録ステップ

  1. Uber Eats の配達パートナーサイトからアカウント登録
  2. 「顔写真付き身分証明書」と「プロフィール写真」をアップロード
  3. Uber のパートナーセンターまたは登録センター銀行口座登録・手順の説明・配達バッグを済ませる

これで完了です! あとは配達バッグと愛車(自転車)にまたがって、配達をしましょう!

副業としての【Uber Eats】オススメ度

アラフォーの副業として【Uber Eats】のオススメ度を以下にまとめます。

【Uber Eats】オススメ度

高収入度    ⭐️⭐️⭐️⭐️☆
始めやすさ度  ⭐️⭐️⭐️⭐️☆
継続難易度   ⭐️⭐️⭐️⭐️☆
総合オススメ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

収入については、ある程度仕組みや効率の良い配達エリア・配達時間を把握するための慣れが必要ですが、自転車があれば始められること/週払いですぐお金を得ることができること/熟練すれば副業でも年収100万円を目指せるところが非常に魅力的です!

アラフォーであれば体力的な自信がない方もいるでしょうが、配達リクエストが届いてもキャンセルすることもできるので、最初は知っている場所や配達距離が短いところを選ぶことができるというのも魅力的です。非常に自由度が高い副業と言えます。

アラフォーであれば【Uber Eats】を副業として新しい場所の発見と体力増強につながる

わたしも過去に配達のアルバイトを経験したことがありますが、配達を重ねるごとにその地域の情報に詳しくなります。「こんなところに美味しそうなイタリアンが」とか「こんなところにオシャレなマンションが」みたいな場所を新たに知っていくことは非常に面白いです。配達を受けたお店が気に入れば、あとでお客として訪問しても良いですしね!

また、自転車で街中を走るというのは非常に気持ちイイです。もちろん、走る場所を気をつけないと混雑すぎて進むのも大変だとかありますが、クロスバイクで見慣れた街の夜の車道を風を感じながら軽快に走行するのは非常に気持ちイイんです!

ぜひそのような新しい発見と気持ち良さを感じながら【Uber Eats】を楽しんでほしいと思います。続ければ、気づけば体力や脚力がグンと向上しているはずです。アラフォーだからこそ、【Uber Eats】で健康を維持しながら副業を楽しみましょう!