趣味を活かす

カメラマンとしてスキルアップしながら儲ける!【ストックフォト写真販売】

一眼レフやミラーレス一眼を持ち、カメラや写真撮影を趣味としている方も多いと思います。わたしも初めて一眼レフカメラを手に入れて撮った写真のきめ細やかさやキレイさの感動は忘れられません。

旅行先の風景写真、こどもの成長過程の記録写真… など日々カメラ片手に撮影をしている方は多いと思いますが、なんと!あなたのその撮影した写真を販売できるんです! そして販売した金額があなたの収入になるんです!

そんなカメラマンとして副業できる【ストックフォト写真販売】をご紹介します。

写真を販売できるストックフォトとは

ストックフォト利用者(購入者は)ダウンロードした写真を自由に利用できる

この写真販売収入を可能にしているのは、ストックフォトというサービスです。ウェブサイトで何となく使われている風景画像や、ウェブサイトニュース記事の先頭や途中に挿入されているオフィス画像がどこから提供されているか疑問に思ったことはありませんか?

これらのほとんどは専用の業者が提供しています。その画像素材の提供をしているサービスを【ストックフォト】と呼びます。画像素材を利用したい方は、ストックフォトサービスから好きな画像を購入して利用することができます。

ストックフォトでは、個人であれば1枚数百円、あるいは1か月数千円という定額制でも利用できます。利用者はある程度の決まりがあるものの、保存されている写真を自由にダウンロードし使用することができます。個人でウェブサイトを利用していればそこに貼り付けることもできますし、商品パッケージやパンフレットなど広告用に利用することもできます。

写真を売る前に、ストックフォトサービスがどのようなサービスでどのような写真があるのか一度利用してみましょう。ストックフォトサービスは幾つかありますが、有名どころは以下3つです。

有名なストックフォトサービス
  • 日本人写真素材も多い日本最大手 PIXTA
  • 世界150ヵ国で展開する世界最大手 shutter stock
  • Adobeソフトを使っているなら超便利 Adobe Stock

ストックフォトは画像を集める上でカメラマンから写真を買っている

ストックフォトサービスには大量の写真が保存されています。これらの写真はプロや専属カメラマンだけではなく、一般のカメラマンからも広く募集しています。そこで、あなたの出番です! あなたが撮影した写真をそのストックフォトに登録して販売することができるのです!!

最近はインターネットの広がりからウェブサイトが多く立ち上がっていますし、そこでは写真素材が多く使われています。また、「インスタ映え」のように個人でもイケてる写真を撮ったり探してインターネットサービスにアップしています。

「カメラマンなんてプロがやるものでしょ…」と思いがちですが、もうそんな時代ではありません。アマチュアであるからこそ初心者にもわかりやすい魅せる写真を撮影して販売しちゃいましょう!

副業としての【ストックフォト写真販売】の特徴

【ストックフォト写真販売】の特徴として、作業場所や作業時間・収入額について解説します。

作業場所

特定の作業場所はありません。撮影の場所へ行くことと、写真のストックフォトへのアップロードをするパソコンがあれば好きな場所で作業できます。

一般的には撮影をして自宅で写真を吟味・加工してアップロードとなりますので、必要な作業場所は撮影場所と自宅で十分です。好きなときに好きな場所で作業できるのは副業に非常に適しています。

作業時間

作業時間は撮影にどれだけの時間を要するかに依存しますので、一概に「この時間だけ作業すれば大丈夫」といった目安はありません

ストックフォトサービスでは販売にあたり審査をしていたり、期間ごとのアップロード枚数が決まっていますので、収入を上げたければ写真を数多く撮影してアップロードすれば良いというわけでもありません。少ない枚数でも多くの人に買ってもらえるような写真を考えて撮影しましょう

撮影場所によっては移動は旅行のような気分が味わえますし、趣味の延長線上であれば楽しみながら撮影できますので、「時間がかかってツライ!」という苦労はそれほど感じずに取り組めます。

収入額/年収

収入額は実際に売れた写真の枚数に加え、で決定されます。

先ほど紹介した「PIXTA」ですと、単品購入では画像サイズによって販売価格がことなります。Sサイズで 540円、一番大きい XLサイズで 5,400円です。そのため、大きいサイズで売れると収入額も大きくなります。

出典: pixta.jp
Pixta price

定額プランでの購入もあるので「1枚売れればxx円」というのは一概に言えませんが、例えば「Sサイズだけ売れてコミッション率が30%」だとします。すると、1枚 162円の収入 になります。

1枚 162円だと、月に10万円稼ごうとすると618枚売れる必要があります。大きいサイズが売れる場合もあるので、枚数はもう少し少なくなりますが、月数百枚を売るというのは簡単ではありませんね。

しかし、ストックフォトの写真販売で月100万円以上を稼いでいるひとも少なからずいますので、実績を積み重ねて売れる写真を考えて撮影し販売していけば、月10万円を達成できる可能性は十分あります!

副業として【ストックフォト写真販売】を始めるには

ストックフォトサービスに登録して審査に合格する必要あり

ストックフォトサービスで写真販売を始めるには、「会員登録」と「審査」が必要です。審査の内容はストックフォトサービスごとに多少異なりますが、先に紹介した PIXTA では、「会員登録時に入門テスト」が「販売写真のアップロード時に素材データの審査」があります

PIXTA の場合「素材データの審査は少し厳しめ」と言われていますが、基本的に素材自体に良し悪しというより、以下のような規定に準拠しているかということがチェックされます。

出典: 審査とは | PIXTA Channel

PIXTA の素材データ審査
  • 画質、技術面のクオリティや、被写体の内容が販売素材として適しているかどうか
  • つけられたタグやタイトルの内容が適切か
  • 必要に応じて適切な「モデルリリース(肖像権使用同意書)」が添付されているか

写真として基本的な露出やホワイトバランスがしっかりしているかということに加え、個人情報や企業ロゴが入っていないかなどを確認してアップロードしましょう。

必要な機材

カメラ

既に趣味としてカメラを始めていれば、一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラを既にお持ちだと思います。長年使っている慣れたカメラでどんどん撮影していきましょう

これから購入するということであれば、初心者にも操作がしやすくて画素数が高く、対応レンズが豊富でベテランも使いやすい Canon EOS 80D あたりがオススメですが、カメラはこだわりが多い方もいると思いますので、詳しい説明や紹介は他のサイトなどを参考にしてください。

三脚

意外とアマチュアカメラマンで持っていない方がいるのが三脚です。しっかりとした風景写真や物体写真を撮ろうとする際は、三脚の使用を強くオススメします。撮影時の安定感が劇的に増してハッキリクッキリとした見映えの良い写真が撮れます。

三脚も色々と売っていますので、被写体やスタイルに合わせて選ぶのが良いです。その中でオススメはマンフロットの befree live シリーズ です。軽いわりに 対荷重4kg と安定感とコスパともに抜群です。

パソコン

写真素材をストックフォトサービスにアップロードするにはパソコンが必要です。これはお持ちのパソコンであればなんでも良いです。パソコンに取り込んでアップロードするだけなら、特に高いスペックは必要ありません。

これからパソコンを購入する/買い換えるのであれば、快適に写真をチェックできる液晶サイズが大きめのノートパソコンがオススメです。持ち歩くならば13インチ以上、主に自宅で使用するのであれば 15インチ以上あると便利です。Apple の Mac であれば MacBook Pro、Windowsパソコンは最近軽くて画面もキレイと評価が高い LG gram がオススメです。

写真画像編集ソフト

写真をパソコンで編集するソフトは必須ではありません。ちょっとした露出やホワイトバランスの調整であれば、パソコンにプリインストールされているソフトでも十分です。

ただし、「簡単にかつ良い感じに自動で補正してほしい」とか「不要部分を消したりする加工をしたい」などであれば、編集ソフトが必要です。写真編集ソフトのオススメは、なんといっても Adobe Photoshop Elements(アドビ フォトショップ エレメンツ)です。操作が簡単でかつ十分な機能を持ち合わせています。

ただし、過度な加工は審査が通らなくなる可能性もあるので気をつけてください。

副業としての【ストックフォト写真販売】オススメ度

副業としての【ストックフォト写真販売】のオススメ度を以下にまとめます。

【xxxx】オススメ度

高収入度    ⭐️⭐️☆☆☆
始めやすさ度  ⭐️⭐️⭐️⭐️☆
継続難易度   ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合オススメ度 ⭐️⭐️⭐️☆☆

ストックフォトの画像アップロードでは審査がありますし、最初はコンバージョン率も低いので、良い写真を多く揃えても最初から収入をガンガン上げていくのは難しいです。

しかし、既にカメラを趣味としていれば機材はある程度揃っていますからすぐ始めることができます。アラフォーでも無理なく周辺の散歩やちょっとした旅行でカメラを持ち歩けば写真は撮影できますから、続けることも難しくはありません。

スキルアップが収入アップにつながる! モチベーションがあがる!!

「カメラが趣味」であれば撮った写真を家族や友人と共有して良い記録として残して喜ばれて… みたいなところがモチベーションなんですが、そんなに長続きしなかったりするんですよね。一眼レフは持ち歩くには少し重いし、最近はスマホのカメラも高性能になってきたので「スマホでいっか」みたいなことにもなりやすいです。

しかし、【ストックフォト写真販売】をすると良く撮れた写真は売れるんです!! これがスキルアップしていこうというモチベーションにつながり楽しさ倍増となります。たまに「えっ、こんな写真でも売れるの?」というのもありますが、それはまた「人はどんな写真を求めているのか」ということを知るきっかけにもなりそれはそれで楽しくなります。

「写真撮影のスキルがあがる」「みんなが喜びそう/関心を持ちそうな写真を撮影する」ということを実感したり考えながら色んな場所に行って撮影するのはスゴイ楽しいんです。カメラ好きには理屈ではなく楽しんだからしょうがないんです!

そんな楽しいカメラ撮影がお金になるなら、これほど楽しい副業はありません。ぜひカメラ好きであれば【ストックフォト写真販売】で収入アップを目指しましょう!