資格・仕事の経験を活かす

人手不足から副業でも需要は増加中!処遇も改善中!【ホームヘルパー】

高齢化により今後需要が増えていくのに、人手不足で困っている。別の言い方をすると、どこでもやろうとすれば歓迎されるお仕事、それが「介護職(ヘルパー)」です。

厚生労働省の発表 では、2025年に介護人材は37.7万人もの不足になると言われています。本業として介護職につかなくても、介護をする資格や経験を持っていることで働き口が困ったときに職が見つからないということはないでしょう。

そして介護の副業であれば、ある程度時間や場所の融通が利く「ホームヘルパー」がオススメです。始めるために特別な資格なども必要ありませんが、ホームヘルパーには正しい知識が求められるため、長く働くのであれば研修や資格取得をオススメします。過去に学校や病院などで経験済みの方はそれを活かせますし、経験のない方も実績を積んで研修を受ければ安心して長く務めることができます。

副業【ホームヘルパー】の特徴

副業としてのホームヘルパーはどんな仕事なのか、仕事内容・作業場所・作業時間・収入という面で解説していきます。

仕事内容

ホームヘルパーは主にお年寄りのような介護が必要な方の自宅に訪問し、主に「身体のお世話」と「身の回りのお世話」をします。具体的には以下のような仕事です。

ホームヘルパー【身体のお世話】
  • 食事の手伝い
  • 入浴の手伝い
  • 排泄(トイレ)の手伝い
  • 着替えの手伝い

「身体のお世話」は、直接身体に関わるお手伝い・介助をします。次に、「身の回りのお世話」の仕事は以下です。

ホームヘルパー【身の回りのお世話】
  • 料理
  • 洗濯
  • 掃除
  • お買い物

「身の回りのお世話」は、日々生活をする上で必要なことを代行します。

作業場所

作業場所は主に訪問する介護の方の自宅です。研修や活動の拠点として介護施設(老人ホームなど)を利用することもあります。

副業であれば移動時間が少ない場所を選ぶのが良いでしょう。近隣との付き合いが気にならなければ近所でも良いですし、「副業でもあまり知人と関わりたくない」ということであれば電車で3駅以上の近場で探すのが良いです。ホームヘルパーはどこでもやっていますから、ある程度作業場所を選ぶことができるのは副業として大きなメリットです。

作業時間

副業であれば正社員として働くことはありませんから、土日だけや週1回からでも始められますし、人手不足からそのような募集をしている企業も多くなっています。自分の都合に合わせて曜日や日にちを選びましょう

契約内容にもよりますが、1回の訪問で働く作業時間は2〜4時間ほどです。これであれば「午前中だけ」「午後だけ」「午前と午後1軒ずつ」みたいに自分の体力や都合に合わせた計画的な作業も可能です。

収入額/年収

収入は地域・熟練度・作業内容にもよりますが、およそ時給1,000円〜1,500円です。介護職は以前であれば「給料が安い」というイメージがありましたが、人手不足解消と職場環境改善を目的に国が支援し、「介護職員処遇改善加算」のような処遇改善が進んでいます。今後は時給のアップも期待できますね!

副業としての収入と考えた場合、「時給1,200円で、週2回/1回の訪問で4時間働く」とすると約年収46万の収入ということになります。熟練度が増したり処遇改善で時給があがれば、年収50万以上も可能です!

副業【ホームヘルパー】を始めるために

資格/条件

副業としてアルバイト・パートレベルのホームヘルパーを始めるのであれば、特別な準備は何も必要ありません。未経験など初めてホームヘルパーを実施するということであれば、洗濯や掃除など【身の回りのお世話】からの仕事となりますが、始めやすくちょうど良いです。

まずは【身の回りのお世話】から始め、自信がついたりもう少し長くホームヘルパーを続けたいと思ったら、「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」を受講してホームヘルパーの資格を取りましょう

会社によっては研修受講の斡旋や支援をしているところもありますし、資格取得サイトでお得に受講することもできます。

仕事を探す

副業としてホームヘルパーの仕事を探すのは、求人サイトがお手軽で便利です。介護専門の求人サイトからもアルバイト検索できますので、そちらも利用しましょう。

副業としての【ホームヘルパー】オススメ度

副業としてホームヘルパーを行う場合のオススメ度をまとめます。

【xxxx】オススメ度

高収入度    ⭐️⭐️☆☆☆
始めやすさ度  ⭐️⭐️⭐️⭐️☆
継続難易度   ⭐️⭐️⭐️⭐️☆
総合オススメ度 ⭐️⭐️⭐️☆☆

時給は高めとは言えないため高収入度はそれほど高くありませんが、アルバイト感覚で始めることができ、場所と時間も比較的に融通が利くため慣れれば続けることもできます

ホームヘルパーは過去に看護師やリハビリ関係などに携わった方であれば、勘所がわかっていたり、ホームヘルパーの資格を持っていたりしますので、そういう方であればすぐ始めることができる方も多いと思います。

ポイントは、介護する方がお年寄りとはいえ他人の世話となるのでそこに楽しさややりがいを感じて続けることができるかどうか、今後の介護業界の改善でどれぐらい時給や給与が改善されるかというところです。

過去の経験や、今後人手不足で盛り上がる介護業界に興味のある方は、副業でホームヘルパーを実施してみましょう!